消防車両一覧

 いろいろな災害から市民を守るため、消防自動車をはじめ、救助工作車、救急車等が各市町の署所に配置されています。


消防車両一覧

救急車 6台
タンク車(うちCAFSシステム搭載車両2台) 5台
査察広報車 5台
ポンプ車 2台
救助工作車 1台
資機材搬送車 1台
警防車 1台
指揮車 1台
予防車 1台
総計 23台

消防車両一覧
消防本部
(小林市)
・警防車 ・資機材搬送車 ・救助工作車 ・指揮車   ・予防車
中央消防署
(小林市)
・タンク車(CAFSシステム搭載) ・ポンプ車
・救急車(2台) ・査察広報車
えびの消防署
(えびの市)
・タンク車(CAFSシステム搭載) ・ポンプ車 ・救急車
・査察広報車
高原分遣所
(高原町)
・タンク車 ・救急車 ・査察広報車
野尻分遣所
(小林市野尻町)
・タンク車 ・救急車 ・査察広報車
須木分遣所
(小林市須木)
・タンク車 ・救急車 ・査察広報車

消防車両一覧
≪救急車≫

 病気やケガをした人に応急処置を行い、病院まで早く安全に搬送します。さらに、救急救命士を搭乗させ、一部の医療行為などが行える資機材を搭載している車両です。
 ※中央消防署には、救急車が2台あります。

≪タンク車≫

 火災を消すために、約2,000Lの水槽を備え、いち早く火災の現場に近づき消火活動を行う車両です。
 ※中央消防署とえびの消防署のタンク車にはCAFSシステム(薬剤と水と空気を混合させて泡を作るシステム。従来の泡放射と比べ、水圧、ホースの操作性、冷却能力、圧力損失、射程距離等圧倒的な消火力を発揮)が搭載されています。

≪査察広報車≫

 災害時における後方支援活動、各署所において緊急時以外の業務(避難訓練、立入検査、水利地理調査等)で使用する車両です。

≪ポンプ車≫

 火災を消すため、消火栓や防火水槽及び川などに部署(配置)して、タンク車に水を送る車両です。車両後部にホースカーが搭載されており、ホースを約200m程度一気に伸ばすことができます。
 ※車両に水槽は搭載されていません。
 
≪救助工作車≫

 交通事故で車内に閉じ込められた人や、崖から転落した人などを救助するための資機材を搭載した車両です。

≪資機材搬送車≫

 災害時に、舟やテントなどの資機材を運んで後方支援を行います。荷台にはクレーンが搭載されています。

≪警防車≫

 災害現場に人員及び一部の資機材を運ぶ車両です。特に山岳救助等の道路状況の悪い環境で活躍します。

≪指揮車≫

 災害現場で現場指揮本部を立ち上げる際に、人員及び資機材を運ぶ車両です。

≪予防車≫

 危険物、防火対象物等の検査に出向する際に使用する車両です。